BUSINESS/STRATEGY

人材・組織戦略(2)人事制度

人・組織の可能性発揮への推進力となる、人事制度

現実(Field)に飛び込み、現実の課題や危機に自ら向き合い、自分事として受け止め、自分から出せる限りのエネルギーを出して、自由にFieldを駆け回り、人・組織を本来あるべき姿に近づけていく。オースビーはそんな人々の集まり・組織でありたい。オースビーの人事制度は、こうした人・組織に向けて、人が組織の中で自らエネルギーを出し、可能性発揮に向けて動き、成長し続けるための推進力となるためのものである。

「可能性発揮の推進力としていく」とは、社員が制度の運用を通じて、日常の生産活動の中で、 様々な事を感じ、行動し、成長していくということである。
つまり、オースビーの人事制度は、全社員が日常的に当事者として実質的につくり続けていくものである。

オースビーの生産活動と人事制度のつながり

オースビーの生産活動を人事的側面で捉えると、社員の“組織・商品・自分づくり”に向けたエネルギー発揮活動である。この生産活動と人事制度(「要求」と「分配」)とのつながりを以下に俯瞰する。

[オースビーの人事制度の特徴1]

-可能性で人を捉える ~期待と要求~

オースビーでは、人の“可能性への期待”を見て、人を捉える。 例えば、ある仕事で良い成果を出せなかった人は、今回は成果を出せなかったが、 今後、成長する可能性を広げてもいる。 オースビーでは、こうした未来の可能性も漏らさずにきちんと見ようとして、人を捉えている。 人を“成果”で見ていては、未来の可能性は切り捨てられてしまい、可能性を追求することができない。 オースビーは、社員の“可能性への期待”を見て、組織から要求をする。 その要求に対して、社員は、自らの成長のために、要求に応えようと行動する。 そして、その行動の結果を管理職が見て、要求にどの程度応えたか、その結果どの程度成長したか、をもとに次の可能性への期待・要求を判断する。給与も、期待に基づき分配する。

-捉え方はデジタルではなく、アナログ

人の可能性をきちんと見て、判断ができるように、オースビーでは、人のアナログな現実をすべて見て、漏らすことなく捉える努力をし続けている。
オースビーでは、デジタルな判断基準(例えば、成果主義)をもとに、“基準が人を見る”というような方法は取らない。 デジタルな判断では、こぼれ落ちるアナログ部分が多すぎて、人が成長する可能性を見落とし、 可能性を追求できないからである。
また、デジタルに判断するということは、人を要素に分解して捉えようとすることである。
分解した要素を並べて人を捉えようとしても、アナログな人の現実を捉える事は出来ない。
よって、オースビーでは、「人が、人のアナログを、アナログに見て」、総合判断する。 しかし、人のアナログな現実を、アナログに見ることは難しい。
答えになるような基準はなく、自分の中に、人を見る基準をつくり続けなければならない。
管理職には、この難しさに真正面から向き合い、摸索することが求められる。
管理職は、日常的に配下の社員とやり取りし、配下を見て感じた内容や配下の見方について、
他の管理職とやり取りをする中で、自らの中に基準をつくり、磨いていくことが、重要な仕事の一つである。

[オースビーの人事制度の特徴2]

-成長に向けた要求を、自分でつくる

摸索を求められているのは、管理職だけではない。全社員に求められている。
成長(可能性発揮)は、人から与えられるものではなく、
社員一人ひとりが、自分発で摸索する中で得られる。
アナログな現実における仕事の中で、人が可能性を発揮するのは、
デジタルに定めた基準を実行するだけでは不可能である。
社員が仕事の“日常”の中で、求められることに応え成長するために、オースビーの人事制度は、
社員一人ひとりに、自分自身で要求をつくり、実行することを求める。
社員が“自分から”成長するために、組織的・自律的に運用する、運用重視の制度であり、
社員一人ひとりが理解し、動かなければ成立し得ない制度である。

-組織をわかり、“自由に”要求をつくる

オースビーがこの難しい制度を運用できるのは、社員全員が人事制度についての考え方・方向性を共有しているからである。
社員が私的な自由さで個々に要求をつくって実行し始めると、会社組織は成り立たない。
オースビーは、社員が自ら会社組織の方向性をわかろうとし、公的に、自由に要求をつくる。
そのために、BFC(全社員での会議)で考え方を共有する。
また、社員が自発的に人事制度に関する勉強会を開き、各人・各チームの取り組みを共有したり、
会社の要求をわかろうと摸索している。
こういった摸索が制度をより良いものに変化させる。
オースビーは人事制度の日常の実践を通じて、社員全員で人事制度をつくっている。